まつげエクステの付け方とは

まつげエクステの付け方とは

まつげエクステの付け方とは

実際にまつげエクステをしたいと思っても、どんな風につけていくのだろうと不安に思う人も多いと思います。自分自身で決めたことではあってもきちんと説明を受けてからでないとまつげエクステをするのが怖いという気持ちもあるのではないでしょうか。

 

最強の目ヂカラを手に入れよう!

 

まつげエクステというのは、まつげそのものに付けていきますので、皮膚に対して接着剤が付くということはまずありません。この辺りが安心なところですね。皮膚に対して接着剤が付くかもしれないと思うと、少し動いただけでも付くかもしれない、付いたらどうしようと思って、落ち着いてまつげエクステをしてもらうことが出来なくなってしまいます。

 

 

 

自分自身のまつげの根元から0.5mmから1mmほど離した状態で付けて行きます。このため、まぶたなどの皮膚に接着剤が当たるというようなことが無いということになるのです。この原理を知っておくと、実際にまつげエクステをしてもらう時も安心して行ってもらうことが出来ますので、こういったことを知っておくということは重要なことです。

 

 

 

その人のまつげの状態に合うように、上や横、そして下からまつげに沿わせて、接着剤で固定をしていくという付け方になります。もしもチクチクするというような違和感を感じた場合は、その時に伝えるようにしましょう。それは離す距離が短いという理由であったり、根元がきちんとまつげに沿っていないため、浮いているということが原因なので、伝えることによって、きちんと改善してもらえます。何か不安感を持った場合はしっかりと伝えるようにしましょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ